何かと必要になる証明写真を綺麗に安く量産する方法を伝授します

何かと、急に、そういえば必要になる証明写真。

使わない人は本当に全然必要なかったりしますが、私は何かとよく必要になるタイプらしい。

一番必要だったのは大学生のころでしょうか。アルバイト用の履歴書に貼る写真、就職活動用の履歴書に貼る写真、学校でなんかよく覚えてないけど必要になった写真。。。

そして今は、資格試験とかで使うことが多い。HSKを受験した時、ダイビングライセンスを取得した時、パスポートの更新の時、あと免許証の更新の時にも必要になりました。(※免許更新の時は通常その場で撮ってくれるけど、しっかり納得できる写真を使いたかったので自分で用意していきました)

 

皆さん証明写真が必要になった時にどうしていますか?

1.写真屋さんで撮影

良い所:納得いくまで撮影できる。プロのカメラマンが撮ってくれる。肌の気になるところなどを補正してくれる。髪色まで補正してくれるところもあるらしい。撮影データをもらえる。データをスマホ転送してくれる。写真裏面のシール加工など…至れり尽くせり。

悪い所:料金がわりとかかる、「いいね~」と言われた写真でも自分で見るとなんか納得いかないことも

2.駅や家電量販店内にある証明写真機で撮影

良い所:気軽に利用できる。値段1000円以下。美白モードとかもあるので綺麗に撮れる。データ転送ができる機械も有。スーツ撮影時とかでもわざわざ着て行かずに機械の中でさっと上半身だけ着替えて撮影できる。

悪い所:人通りの多い所の機械に入るときはちょっと恥ずかしくなる。

3.スマホのアプリで撮影

良い所:コスパが良い。証明写真アプリをダウンロードして、自撮りして、コンビニなどで印刷するだけ。自分の家の中で自由に撮影できるので、化粧直しとか着替えとかの心配事も何も必要なし。

悪い所:自撮りが下手くそな私には全く向いていない方法。背景が白いきれいな所を自室内で探すのが困難。

自撮りするときはリングライトと三脚があると撮りやすいです(‘ω’)

ライトがあるだけで肌がきれいに見えますよ!

 

私がいつもやってる方法はコレダ!

1.駅や家電量販店の撮影機を探す。

機種は決まって「Ki-Re-i」を使います。美肌モードとかがあって綺麗に撮れるので毎回これに決めています。「Ki-Re-i」の設置場所はホームページから確認ができます!

証明写真機「Ki-Re-i」

2.スマホ転送モード「Ki-Re-i withスマホ」で撮影

何枚も使うことが分かっていれば初めからスマホ転送モードで撮影をして、お気に入りになった写真が何枚でも量産できるので最高。印刷された写真のシートの端にQRコードがついています。量産するにはこれが必要。

3.「Ki-Re-i」のアプリをダウンロードしてデータをスマホに保存

このアプリでは、サイズ変更ができたり、スマホ本体へのデータ保存ができたりします。「Ki-Re-i」での再プリントもできますが、私はなるべく費用を安くしたいので再プリントしたい時にこの機能は使いません。

Ki-Re-i Photo(証明写真&写真プリント-ピプリ)
Ki-Re-i Photo(証明写真&写真プリント-ピプリ)
開発元:DNP Photo Imaging Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

4.コンビニ証明写真「ピクチャン」で量産。

「ピクチャン」は証明写真1シート(3枚※サイズの大きいものだと2枚)200円。セブンイレブンやファミマ、ローソンなどのマルチコピー機で印刷ができる便利なサービスです。パソコン・スマホから写真データを登録してコンビニで印刷するだけなのでとても簡単。アプリのダウンロードも必要なし、会員登録などの面倒なことも全く必要ないのでめちゃめちゃ楽。

※ほんの少し画像がぼやける可能性があるので、パスポート申請用などの利用には推奨されないようです。確かにちょっとふわっとする感じの写真になるので、アルバイトとか資格試験とかその辺の写真として使うのがおススメ。

コンビニ証明写真「ピクチャン」

 

この方法の良い所

・最初の証明写真機で700円~1000円+ピクチャンでの印刷200円かかってしまいますが、そのかわり納得いく写真が撮れます。証明写真機のカメラがあるガラス部分に自分の顔が反射して映りますよね?そのおかげで自分の表情とか顔のゆがみとか見ながら撮影できるので、私は人に撮ってもらうより好き。

・データが手に入るので自分で肌の加工とかできる人ならもっと納得のいく写真が作れます(ただしやりすぎ注意)。昔、髪の色が灰色の時に撮った写真を加工して暗めの茶色に変えたことがあります、方法さえわかれば髪色をチェンジさせるのは結構簡単です。※私はフリーソフト「Gimp」を使っています。普段はお絵かきソフトとして使っていますが写真加工にも使えます。

「Gimp」

・真夏にスーツでの写真を撮らなければいけない時でも、証明写真機の中でシャツと上着を羽織るだけでOKです。わざわざ家からスーツを着て写真を撮りにいかなくてもいいのです。

1日だけ髪色を戻したい時はシャンプーで落ちるスプレーを使うと良いです!

これが私のいつものやり方なのですが、ほかにもっといい方法を見つけたらまたご報告します(‘ω’)‼