PayPay で払込票の電気料金をで支払ってみたら便利すぎた

今回は請求書払いになっていた電気料金を PayPay で支払ってみたお話です。

どうやら電気料金の支払い方法を請求書払いにしていたらしく、4月分の電気・ガス料金の請求書が郵送で届いた。

引っ越ししたときの申し込みでなんで請求書払いにしていたかわからないけども届いたものはしょうがない、支払いに行かねば。

いつもなら近くの郵便局やコンビニに仕事帰りに寄ったりするんだけれども、stay home期間のためあまり外に出かけることが無い。(1日中パジャマで過ごしたいんだ)ってことで、いつ払いに行こうかななんて思って払込票を眺めていたら、電子マネー決済ができるとの情報が。

基本的に公共料金はクレカ決済をずっとしていたので、あんまり払込票をじっと見たことが無かったから驚いた。時代は進んでいるなぁ()

この中で私が使っているのがPayPayと楽天銀行なので、どっちかで支払おう。家から出たくない。

PayPayだとポイント還元があるみたいなので、PayPay君に決めた。

PayPayでの支払い方法はとっても簡単だった。

アプリTopから「請求書払い」をタップし、払込票のバーコードをスキャンするだけ。

簡単すぎた。

どうやら電気やガス、水道などの公共料金はPayPayが対応しているみたい。

バーコードをスキャンするとこんな風に画面が出てくるので、支払先・金額など確認して支払うボタンを押すだけ。

ここで注意しておきたいのが、残高が足りているかどうか。足りていなければチャージしておきましょうね。

ペイペイボーナスは0.5%の24円相当が付与される予定みたい。たった24円だけど、家から出なくていいし悪いこと一個もないし、良いことしかない最高。

支払い手前の画面にも表示されていますが、領収書や納税証明書など支払ったことがわかる書類は発行されませんのでそこも注意。通常であれば使うことはないかと思うので、全然PayPay支払いでも良いと思う。

最初にも書きましたが、基本的にはクレカ決済が何といっても一番楽だしクレカのポイントも付くしで最高なので、この支払方法はうっかり請求書払いにしちゃってたときだけ。

※このあと、支払方法をクレカ決済にちゃんと変更しておきました(‘ω’)

↓↓ランキング参加してます↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村