山崎製パンから新発売の台湾ドーナツは美味しいの?買って食べてみた!【2種類】

タピオカの次はドーナツなのか…?と思わざるを得ないくらいに各所から台湾ドーナツが新たに販売されています。

前回はローソンの台湾ドーナツを食べてみました。

台湾ドーナツってそもそも何よ?って方は是非こちらも!

今回は山崎製パンから発売された台湾ドーナツ2種類をドン・キホーテで見つけたので購入してみました。

 

ヤマザキパンの台湾ドーナツ

パッケージがちょっとレトロカラーで可愛い

ヤマザキパンの台湾ドーナツは「練乳風味」と「ミルクティー風味」の2種類があるようです。商品説明によると、ふわふわな生地に衣をつけて揚げたとのこと。中身もっちり外サクサクを期待してしまいますね。

今回私はドン・キホーテで購入したのですが、どちらも1個98円(+税)でした。

大きさはミスドのシュガーレイズドと同じくらいかな?あとこっちの方が真ん中の穴が大きい気はする。

さあ、さっそく食べてみましょう!

 

台湾ドーナツ「練乳風味」

練乳風味だけあって見た目は白い。練乳風味のミルクチョコが表面片側にかかっていて、その上に粉糖が振りかけられているようです。

カロリーは1個366kcalと揚げドーナツって感じのカロリー。先ほど比較対象に出したミスドのシュガーレイズドは1個221kcal、前回のローソンの台湾ドーナツは292kcalでした。

ローソンのより一回り大きいからカロリーもその分高くなっているのかなと思います。

ミルクチョコはどっさりかかっているわけでなく薄付きなので、ミルクチョコ(練乳)があまり得意でない私にも美味しく食べられました。

また、粉糖も控えめにかけられているので、服が粉だらけになりにくかったです。それでも、黒のズボンは少し白くなりましたが(笑)

肝心の外サク中もちですが、全くと言っていいほど普通のドーナツでした(笑)それこそミスドのシュガーレイズド、またはパン屋に売っているふわふわのツイストドーナツと変わらないです。

これはこれで美味しいので個人的には全然ありです。台湾ドーナツかって言われると「うーん、違うな。」って答えると思いますが。

 

台湾ドーナツ「ミルクティー風味」

こちらは台湾ドーナツミルクティー風味、黒いつぶつぶは紅茶の葉っぱだそうです。見た目だとこっちのほうが美味しそうに見えて期待大。紅茶のシフォンケーキとか好きだし、紅茶の葉っぱの香りがどのくらい香るのかワクワク。

カロリーは1個371kcalで練乳風味の方より少し高めでした。そういえば、ミルクティー風味の方がコーティングされているミルクチョコの量が多い気がする。

袋を開けたときに、紅茶とミルクが混ざった匂いがします。紅茶のツンとする匂いで個人的に私は苦手です…。紅茶のクッキーとかでこんな匂いのがたまにあるよねっていう匂い。わかるかなぁ。。

食べてみてわかったけど、ミルクティー風味っていのは、ミルクチョコ+紅茶葉ってことらしい。ミルクティー味のチョコレートをコーティングするって案は出なかったのかしら。とにかく「ミルクティーではない」。

中の生地は練乳風味のものより少し茶色がかっているような気がする。かといって生地が紅茶っぽい味なのかはわからなかったけど。

生地も普通に良くあるドーナツの感じだし、味も私には合わなくて期待をしてしまった分少し残念でした。

 

まとめ

台湾ドーナツが流行るのは台湾好きとしては嬉しい。ヤマザキパンの台湾ドーナツを食べてくれた人たちが、本場の台湾ドーナツを食べたいって言ってくれたらもっと嬉しいなと思いました(‘ω’)

個人的にリピートは無しかな!(練乳が苦手なのが致命傷)