イヤーエステサロン「ボニータボニート」で耳掃除をしてもらったら

出会いはYouTubeの耳掃除動画でした。

汚いんだけど綺麗になっていくさまが気持ちよくてついつい見てしまう。

普段はお風呂上りに水分を取るような感じで耳掃除をするんだけど、たまに痒くなったり、中になんかいるような気がしてムズムズすることがあって。

子供のころは母親に耳掃除をしてもらっていたこともあったけど、大人になってからはもちろん自分。耳の中がどんなふうになっているかまったく想像がつかない。

痒みの原因はまさかめちゃくちゃ耳垢溜まってるからなのでは…?と不安になることもあったので、「ちょうど良い機会だ。イヤーエステとやらに行ってみよう。」と一歩踏み出してみた。

 

ボニータボニートに決めた理由

耳掃除(イヤーエステ)のお店って実は沢山あって、YouTubeでも沢山のお店の動画を見ることができるんです。

その中でここ良さそうだなと思っていたお店がいくつかあったのだけれど、耳掃除動画の人気が出るとともに店の予約も取りづらくなっているらしく、都合の良い日にちでの予約がなかなかできなかった。

そのなかでたまたま空いている時間で行けそうだったのがボニータボニートでした。

理由としてはほぼそれ、あとはYouTuberがこのお店に行ってみた動画を出していたのを見てよい印象をもっていたからっていうのもある。

イヤーエステ&リラクゼーション「BONITA BONITO」

 

店舗までのアクセス方法

私が利用したのは恵比寿にあるボニータボニート東京

恵比寿駅から徒歩5分ほど。

駅からの詳しい道案内が公式ページに載っています。めちゃくちゃ親切。

ボニータ・ボニート東京

 

予約プラン

今回予約したプランはベーシックコース(初回割引)45min 6200円です。

まずはベーシックなコースを体験しておくべきかと思いこれに決めました。

初回の方は少し割引になるのはありがたいですね。

 

当日

ボニータボニートは恵比寿駅から徒歩5分ほどですが、猛暑が続いていたため店舗に着くころには汗だくに。

そして意外と道に迷わずに行けた。ホームページの道案内を見なくてもグーグルマップの地図を何となく見てただけでも大丈夫でした。

お店はマンションの地下にありますが看板が出ているので結構見つけやすいし、入り口も結構入りやすい雰囲気でした。

ドアを開けるとスタッフさんが来てアルコール消毒と検温のお願いをされます。

検温したら37℃で「外暑かったですかね…」と。

ここに来る前にランチしたお店で測った時は36.4℃で、さらにそのランチ前にビックロに入店した時は36.1℃でした(‘ω’)

暑すぎて段々と体温が上がっていったみたいです(笑)

施術前にトイレ行っておきますか?と聞かれたのでトイレに行って準備万端です。

施術室はプライベートルーム(個室)もありましたが、今回は半個室の普通の施術室で。

カーテンで仕切られている感じでしたが、特に隣が気になりそうな感じでもありませんでした。

ただ、施術中の話し声は聞こえてきますので、他の人に話を聞かれたくない人は個室を指定する方が良いかもしれません。

施術室にはふっかふかの椅子があって、座った瞬間わかりました「これ絶対に寝る」と。

いままで座った椅子の中でもトップクラスのふかふか具合で、なんだろうすっぽりふんわりもっちりした椅子っていう感じです。この椅子欲しい。

希望すればひざ掛けも貸してくれます。

いざ、耳の中をスコープで確認。

・・・・・・・

正直YouTube動画みたいになにかがどっさり詰まっているのではと心配していましたが、

驚くほど何もなく。酸化して黒くなった塊とかもなく。

取るもの何もなさそう。。。

とはいっても綿棒でゆっくり撫でていくと壁に薄くついていたであろう垢が取れていきます。

痛いわけでも痛くないわけでもない。

やっぱり奥の方は少し痛かったりもした。

でも耳掃除が終わった後はさっぱり気持ちがいい。

想像していたよりも自分の耳の中が全然綺麗だったので、正直感動するほどではなかった。いいことなんだけどね(‘ω’)

でも自分の耳の中が見れることってなかなか無いから見れてよかった!それだけでも来てよかったと思いました。

流れとしては、入店→トイレ(行きたい人は)→荷物置いて椅子座る→耳のツボ押し&耳たぶの産毛カット→耳の中の産毛カット→耳掃除→耳首肩頭のマッサージ(半分寝ていたのでちょっと曖昧)→施術終了→飲み物くれる→椅子に座って飲み物飲みながらお会計→退店ってかんじでした。

マッサージが気持ちよすぎて夢と現実の狭間にずっといました。

あと5分あったら完全に寝落ちしてましたわ。

お会計時にポイントカードとお友達紹介カードをもらいました。

次回来るときは多分耳掃除目的というかマッサージが主な目的になりそうなくらいマッサージが気持ちよかったです。

ぜひ、みなさんも行ってみてください(‘ω’)

 


カメラ付き耳かきなるものが販売されている時代(‘ω’)